実際のところ、亜鉛はどうなの?【どうやって摂取するか】

亜鉛サプリの副作用のホントorウソ

実際のところ、亜鉛はどうなの?【どうやって摂取するか】

亜鉛には効果がたくさんあるということが分かっても、いったいどうやって摂取するのがよいのでしょうか。
亜鉛そのものを多く含む食材を毎日食べることが必要となって来ますが、どのような食材が亜鉛を多く含んでいるのでしょうか。
主なものをいくつか紹介します。

 

【牡蠣】
亜鉛のサプリメントのエキスでも配合されているという亜鉛ですが、食品の中では右に出るものはいないというくらいに亜鉛を多く含む食品です。牡蠣職人がとても元気がよいのも常に亜鉛を摂取しているからだと言われています。

 

【牛肉】
肉の中では、亜鉛の含有量が多いことで有名です。ビーフジャーキーが特に有名です。普段食べる肩ロースなども亜鉛を多く含んでいます。しかし、牛肉というと高級品というイメージが強く、毎日のように食卓に上がるものではありません。その辺りが摂取を難しくしている気がしますね。料理については食べ方もたくさんあっていいんですけどね。

 

【煮干し】
煮干しにも多くの亜鉛を含んでいます。煮干しというと、主にだしを取るときに使うものですよね。カルシウムも豊富ということで子供に食べさせることもあるようですが、多くの子供は嫌がります。まんべんなくその成分を摂取したいのであれば、ミキサーですりつぶすと粉状になって使いやすいでしょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ